8月はサマーホリデーもあったせいか一段と外国の方が多かったように思います。

当店もここ数年、外国のお客様と接する機会は多かったのですが、
特に近年、日本と外国の家族の食事風景に差がでてきたように思えます。

まずは西洋の家族の食事は会話が多い。

親も子も本当によく話をします。

しかし日本の場合は、子供がゲームをしながら食べているという光景を
よく見かけます。
ゲームに夢中になるので自ら話すという事がなくなる、
逆に親もゲームをさせておけば静かなのでそれを容認する。
はたまた母親にいたっては、子供に見向きもせず、自分っもひたすらスマホをいじっている。

ダメとはいいませんが、見ていて淋しくなります。

たしかに旅行で来ているので、テンションも上がり会話もはずむというのあると思いますが、
日本の家庭では家族揃って食事をするという事自体が減ってきているのではと思えてなりません。

何か日本人に元々あった家族の絆というのがなくなってきたのではとも思います。

ナイフ、フォークを器用に使い(当たり前ですが)楽しそうに食事をしている外国の子供さんを見ると
本当に可愛らしいなぁと思います。

負けるな!!日本の子供たちですねぇ。