春の夜長にイタリアン

   今回はレシピでも。ディナーに1皿も何なので、野菜も摂れてワインにも
合う2皿レシピです。分量はレストランで一人前の量です。

菜の花のリゾット&鳥モモ肉と春野菜のロースト

 

リゾット(イタリアの米80g、水溶きコンソメ300cc、菜の花6本、好みで肉ハム等
バター、オリーブオイル、パルメザンチーズ、適量、玉葱みじん切り1/4ヶ、塩胡椒)
まず鍋に(深めのフライパンでも可)米とオイルを入れて炒めます。米が透き通れば
コンソメ200cc程と玉葱を入れて沸かします。やや弱火で15分、たまに混ぜながら炊きます。
水分がなくなれがコンソメを足します。この時はまだ米は芯がありますが仕上げにかかります。
肉等を入れ中火で混ぜながら米に火を入れていきます。水分少なければ足します。固めのご飯
位になったら刻んだ生の菜の花を入れ強火で水分を飛ばし塩胡椒で味をします。
最後にバターを溶かし込みパルメザンを入れて火を止めます。
皿に盛ったら好みでオイル、チーズを。

炊き上がりまで22分ほどかかります。レストランではソフリットという炒めた玉葱を
使うのですが、生の玉葱を一緒に炊けば大丈夫です。エビ等を使う時は固くなるので
もう少し後の方で入れるのがいいと思います。鍋には蓋をせずに炊きます。

鳥モモ肉と春野菜のロースト

 

材料:鳥モモ200g、アスパラ、オクラ、筍、三度豆等お好みでオイル、バルサミコ、塩胡椒)


鳥モモ肉は固まりで塩胡椒、アスパラ、オクラ等はそのまま、筍、カボチャ等は少し大きめにカット。ブロッコリーや三度豆等、茹でて使う野菜も全て生のまま焼きます。
従いましてやや大きめで焼く方が歯ごたえがあります。鳥と野菜を天板にのせオイルを少し。
180度のオーブンで約10分、鳥に火が入るまで焼きます。三度豆やオクラは早く焼けるので途中で取り出します。目安は表面に汗をかいた様に水分が出てきた位。
焼きあがった鳥をカットして野菜に塩胡椒を少々。お皿に盛ってオイルとバルサミコを。

鳥肉は皮目を上にして焼きます。菜の花やほうれん草等、アクのある野菜は一度茹でた方が美味しいです。
ブロッコリーの軸と葉のオーブン焼きは結構イケます。
オーブンのない方は少し時間はかかりますがトースターでも出来ます。
私も家ではトースターでやってます。
プリモとセコンドの簡単イタリアンです。軽めの赤ワインに合います。

 

筍とそら豆のカルボナーラ&焼きトマトのブルスケッタ

 

材料:カルボナーラ

パスタ80g、全卵1ヶ、卵黄1ヶ、パルメザン大匙山盛り1パイ、ベーコン40g、筍、そら豆適量の微塵切り、木の芽軽くちぎる、黒胡椒


小さめのボールで全卵、卵黄、チーズ、木の芽を混ぜておきます。
次にフライパンで少しのオイルでベーコンを炒めます。やや弱火で焦がさない様にベーコンの脂を出していきます。
よく炒まれば入れば火を止め筍とそら豆を入れます。
脂は捨てません。茹でたパスタを入れ、茹で汁も少し入れ再び火にかけます。
よく馴染めば火を止めて卵を一気に混ぜ入れます。ゆるければ火にかけ濃度をつけます。
お皿に盛って黒胡椒。好みで塩やチーズをどうぞ。

生クリームを使わないので少し固まりやすいです。
ベーコン、チーズに塩味があるので塩は後からで。
木の芽は多めに使った方が香りよくなります。

焼きトマトブルスケッタ

 

材料:食パン厚切り2枚、ミニトマト5ヶ、玉葱1/4ヶ、オイル塩、黒胡椒

食パンは4つにカット、トマトは縦割り、玉葱は薄くスライス。
食パンにオイルを少々かけてトースタで焼いておきます。トマトをホイルにのせトースタで焼きます。
焼けたトマトと玉葱をボールに入れ塩、胡椒、オイルで味つけ。
これをスプーンでパンにのせ食べます。

バケットでも大丈夫です。トマトはしっかりと焼いた方が美味しいです。好みでチーズやアーモンドスライス等もお使い下さい。

 濃厚なパスタとさっぱり前菜の組み合わせです。冷えた白ワインによく合います

          

おまけ  簡単ティラミス

材料:マスカロポーネ100g、卵1ヶ、グラニュー糖25g、ポッキー15~20本、ココア)


卵は卵白と卵黄に分けます。ポッキーは細かく砕きます。ボールにマスカロポーネと卵黄 砂糖の半分を入れよく混ぜます。別のボールで卵白と残りの砂糖をミキサーで固いメレンゲにします。卵黄のボールにメレンゲ、ポッキーを入れ泡が潰れないようによく混ぜます。
ラップをしてそのまま冷蔵庫で2、3時間。ココアをふってスプーンですくいながらどうぞ。
次の日までは美味しく食べられます。

ティラミスは本来卵黄に火を入れ固めてメレンゲが分離しない様にするのですが、そのまま
混ぜてるので分離しやすいです。早めにどうぞ。ポッキーのチョコ味がなかなかイケます。